某所鉱山報告所

読書だったり音楽だったり他にもいろいろ扱ったり。

くるり『魂のゆくえ』を聞きました

とーしろ音楽レビュー。

今回はくるりの『魂のゆくえ』です。

f:id:kelteco:20170519093810j:plain

Amazonのレビューを見る限り、賛否両論、影の薄いアルバムのような感じらしいですが、個人的には良曲ぞろいのアルバムだと思っています。

くるりのアルバムには基本的に捨て曲が結構あるのですが、このアルバムはそういったものがないです。

だから通しで飛ばすことなく聞くことができる。

普通にいいアルバムです。

 

「愉快なピーナッツ」

www.youtube.com


「さよならリグレット」

www.youtube.com

 

このアルバムではピアノが多用されていて、だからでしょうかジャジーな雰囲気の曲も少なくないです。

表題曲M11「魂のゆくえ」なんかはこのアルバムのコンセプトをしっかりつかんだ曲で、この曲が気に入るかどうかがこのアルバムを好きになれるかの分かれ目になると思われます。

私は大好きです。

骨太なM13「背骨」で締めてくれるのがまたいいですね。

まさに「背骨」というタイトルがふさわしい曲です。

ラストにぴったり。

「三日月」は残念ながら私の買ったアルバムには入っていませんでした。

 

総評としては名盤です。

1 LV45
2 愉快なピーナッツ
3 太陽のブルース
4 夜汽車
5 リルレロ
6 つらいことばかり
7 さよならリグレット
8 かごの中のジョニー
9 Natsuno
10 デルタ
11 魂のゆくえ
12 べベブ
13 背骨
14 三日月

魂のゆくえ

魂のゆくえ