某所鉱山報告所

読書だったり音楽だったり他にもいろいろ扱ったり。

スピッツ『ハチミツ』を聞きました

とーしろ音楽レビュー。

今回はスピッツの『ハチミツ』です。

f:id:kelteco:20170519084546j:plain

スピッツの世間的な最高傑作はこのアルバムで間違いないかと思われます。

ヒットを飛ばした有名な「ロビンソン」「涙がキラリ☆」が収録されていますが、このアルバムはそんな名曲が溶け込んでいるくらいに全曲クオリティの高いアルバムとなっています。

全11曲全曲名曲でお送りするアルバム、それが『ハチミツ』です。

M1「ハチミツ」の跳ねるような軽快な曲から始まり、M2「涙がキラリ☆」というただの名曲に続けて、個人的にアルバムの中で一番好きなM3「歩き出せ、クローバー」が流れます。

この曲はCメロが最高にいいです。

 

涙がキラリ☆

www.youtube.com

 

M5「愛のことば」はなぜシングルにならなかったのか、と思えるくらいの名曲です。

 

「愛のことば」

www.youtube.com


後半からもこのアルバムは快進撃を続けます。

絶妙なバランスと順番で名曲たちが立て続けにやってくるのです。

誰もが知っているM8「ロビンソン」もこれらの曲の中では目立たないほど。

 

「ロビンソン」

www.youtube.com

 

しんみりとさせるM9「Y」がまたいいアクセントになっている気がします。

ラストのM11「君と暮らせたら」でこのアルバムは余韻を残して終わります。

そして、思わずもう1回聞こうとなるはずです。

いやー、歴史的名盤だ。

 

総評としては名盤です。


1 ハチミツ
2 涙がキラリ☆
3 歩き出せ、クローバー
4 ルナルナ
5 愛のことば
6トンガリ ’95
7 あじさい通り
8 ロビンソン
9 Y
10 グラスホッパー
11 君と暮らせたら

ハチミツ

ハチミツ