読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某所鉱山報告所

読書だったり音楽だったり他にもいろいろ扱ったり。

くるり『ワルツを踊れ』を聞きました

とーしろ音楽レビュー。

今回はくるりの『ワルツを踊れ』です。

f:id:kelteco:20170514165002j:plain

くるりと言えばアルバムごとに方向性を変化するのが特徴ですが、そんなくるりがオーケストラとの融合を果たしたアルバム。

これをくるりの一番のアルバムに挙げる人もいるとか。

確かにアルバムを通しで聞いた時の満足感というかアルバムを聞いた感というのはかなりあります。

 

「ハイリゲンシュタッド」~「ブレーメン」~「ジュビリー」の流れを最初に聞いた瞬間「これは!」って思うはずです。

 

「ジュビリー」

www.youtube.com

チオビタドリンクのCMで有名な曲ですね。

曲とは関係ないんですが、髪型に笑ってしまいました。

 

ただ、個人的にはこの3曲の後は最後の「言葉はさんかく こころは四角」まであまりピンとくる曲がなかったりします。

でも、「言葉はさんかく こころは四角」を聞いた後だといやー、いいアルバムだったと思ってしまうから不思議。

終わり良ければすべてよしですね。

 

「言葉はさんかく こころは四角」

www.youtube.com

 

そんなわけでアルバムを通して聴くと名盤だと思うのですが、各曲ごとに聞くと名曲が少ないと感じます。

 

総評としては良盤~名盤の間くらいです。

 

曲リスト

ハイリゲンシュタッド  HEILIGENSTADT
ブレーメン  BREMEN
ジュビリー Jubilee gemischt von Dietz
ミリオン・バブルズ・イン・マイ・マインド  MILLION BUBBLES IN MY MIND
アナーキー・イン・ザ・ムジーク  ANARCHY IN THE MUSIK
レンヴェーグ・ワルツ  RENNWEG WALTZ
恋人の時計  CLOCK
ハム食べたい  SCHINKEN
スラヴ  SLAV
コンチネンタル  CONTINENTAL
スロウダンス  SLOWDANCE
ハヴェルカ  CAFE HAWELKA
言葉はさんかく こころは四角  TRIANGLE
ブルー・ラヴァー・ブルー  BLUE LOVER BLUE

 

ワルツを踊れ Tanz Walzer

ワルツを踊れ Tanz Walzer