読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某所鉱山報告所

読書だったり音楽だったり他にもいろいろ扱ったり。

上坂すみれ『革命的ブロードウェイ主義者同盟』を聞きました

とーしろ音楽レビュー。

今回は上坂すみれの1stアルバムです。

f:id:kelteco:20170512014531j:plain

1曲目、インストの「予感」。

タイトル通り、何やらヤバそうな予感を抱かせる曲で、これから何が始まるんだ……という期待と不安を感じさせてくれます。

さて、どんなアルバムかというと、まずはこれを聞いたほうがわかりやすいかと思います。

2曲目の「革命的ブロードウェイ主義者同盟

www.youtube.com

はい、こんな感じです。

雰囲気的には全曲似ているところがありますね。

イメージカラーは赤でしょうか。

3曲目の「サイケデリック純情」は中毒性高いです。

アルバムの中でもリピートして聞いていました。

6曲目、「我旗の元へと集いたまえ」は初めて聞いた時思わず笑ってしまいました。

イトケンサウンド全開です。

 

そんなこんなで統一された色の曲が並んでいます。

しかし、この中だと「げんし、女子は、たいようだった。」が浮いている感が否めない。

シングル曲だから入れたんだろうなとは思いますが。

そして、これだけは言わせてもらいたい。

最後、「七つの海よりキミの海」で上坂すみれさんからアルバムを通して聴いてくれた皆さんへ、といったようなメッセージが聞けるのですが……。

なぜ曲に被せたのか?

いや、メッセージはファンからしたら嬉しいとは思うのですが、アルバムでまさか「シングル買ってね」的なことをされるとは思いませんでした。

曲自体はイントロがたまらなく好きです。長い? そこがいいんですよ。

「七つの海よりキミの海」

www.youtube.com

 

このアルバムはいろんな人が上坂すみれさんの個性を生かして作り上げた感じがします。

多分プロデュースしがいがある人なんでしょうね。

で、結果的にここまで個性あふれるアルバムが出来上がったと。

サブカル好きの人なんかはきっとドストライクなんじゃないでしょうか。

 

総評としては良盤です。