読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某所鉱山報告所

読書だったり音楽だったり他にもいろいろ扱ったり。

大嶋啓之・茶太『睡眠都市』を聞きました

とーしろ音楽レビュー。

今回は大嶋啓之・茶太さんの『睡眠都市』です。

f:id:kelteco:20170510044402j:plain

 

私はこのアルバムと『あさやけぼーだーらいん』を同時購入しました。

『あさやけ』は早朝に聞くといいアルバムだと書いた覚えがありますが、本作は深夜~早朝に聞くことをお勧めします。

私なんかは眠る前にこれを聴くことで安眠導入剤的な使い方をしています。

 

このアルバムはコンセプトアルバムなのですが、歌われているのは多分「自殺」です。

だから歌詞が割と暗いです。

曲調は落ち着いたエレクトロニカで、それが茶太さんのウィスパーボイスと信じられないくらいマッチしていて、まさに奇跡のような名曲ぞろいになっています。

落ち着きたいときや気分が落ち込んでいるときに聞くと、すっと心に入ってきます。

暗いときに明るい曲ではなく暗い曲を聴くことで心の安定を図る人もいると思うのですが、そんな方はこのアルバムが精神安定剤のように思えるんじゃないでしょうか。

現に私はこのアルバムを薬のように感じています。

眠れないとき、落ち込んだ時、このアルバムに何度も助けられています。

深夜に歌詞をかみしめながら聞くと沁みるんですよね。

 

「睡眠都市」

www.youtube.com

歌詞にある「朝日が昇る寸前の白みがかった空」が見える時間帯に聞くと、一層この曲が気に入るんじゃないでしょうか。

私はこの曲がアルバムの中で一番好きです。

 

『あさやけぼーだーらいん』と並んで入手しやすいアルバムなので、茶太さん入門としてお勧めです。

特に茶太さんの落ち着いた声が聞きたい方はマストバイだと思います。

 

総評としては名盤です。

睡眠都市

睡眠都市