読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某所鉱山報告所

読書だったり音楽だったり他にもいろいろ扱ったり。

嘘つきバービー『ニニニニ』を聞きました

とーしろ音楽レビュー。

今回は嘘つきバービーの『ニニニニ』です。

f:id:kelteco:20170510033751j:plain

 「バビブベ以外人間」を初めて聞いた時の驚きは良い意味での驚きではありませんでした。

どちらかというと不快感のほうが強かったのを覚えています。

しかし、気づけば2回3回と聞いてしまい、普通に聞けるようになった時点でああ、こんな感じの曲もありだな、と思ったのです。

嘘つきバービーはキワモノバンドという印象を抱かれる方もいるかと思いますが、決して色物ではなくその独自の世界観を理解すると途端に名曲が多いことに気づけるはずです。

そんなユニークなバンド、嘘つきバービーのメジャーデビューアルバムが本作です。

 

聞けば必ず衝撃を受けるであろう「バビブベ以外人間」

www.youtube.com

これが2曲目ですよ、皆さん。

この曲を受け入れることができれば嘘つきバービーをきっと好きになれるはずです。

ただ、アルバムの中でも一番癖の強い曲なので、この曲が気に入らなくてもまだあきらめずに。

 

続いては「音楽ずるり」

www.youtube.com

相変わらずMVは意味不明です。

いや、歌詞も意味不明っちゃ意味不明なんですけれども。

「バビブベ以外人間」を聞いた後だとこっちのほうがまだ受け入れやすいと思う方もいるのではないでしょうか。

 

MVを紹介しておいてあれですが、個人的にはMVがない曲のほうがお気に入りだったりします。

「イワとイイ関係」の世界観とか「ペテン師は空気男」の疾走感とか「ファンタ」の心地よさとか「ひざにペット」の終わり感とかいいですよ。

そんな「ひざにペット」。ラストの歌詞は胡蝶の夢を連想させますね。

www.youtube.com

前半に癖の強い曲が並んでいるせいでそこで止めてしまう人もいそうなんですが、個人的には後半のほうが聞きやすくて好きな曲が多いので、後半を聞いて慣れてから通しで聞いてみることをお勧めします。

単純に曲がいいので、歌詞をあまり気にしない方ならその独特な世界観を理解できずとも楽しめると思います。

 

こういったバンドというのは賛否両論あります。

嫌いな人はとことん嫌いですし、好きな人はドはまりするものです。

私は後者寄りだったのでこのアルバムをいいと思えましたが、人にお勧めできるアルバムだとは思いません。(じゃあ、なんで記事を書いているのか)

好きな人がひっそりと楽しむ、そんなアルバムです。

ただですね、たまに八十八ヶ所巡礼と並べて論じる方がいるんですが、それは違うと思うんですよ。

 

総評としては良盤です。

 

ニニニニ(期間限定盤)

ニニニニ(期間限定盤)