読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某所鉱山報告所

読書だったり音楽だったり他にもいろいろ扱ったり。

cero『Obscure Ride』を聞きました

とーしろ音楽レビュー。

今回はceroの3枚目のアルバムです。

f:id:kelteco:20170510012143j:plain

そもそも私がceroについて知ったのは「summer soul」のMVを見たのがきっかけです。

その時の衝撃たるや。

そこから「yellow magus」や「orphans」を聞き、さらに衝撃を受けました。

こんなおしゃれな音楽があるとは……! と。

しかも、これら3曲が1つのアルバムに入っているということにも驚きました。

そしたらもうこのアルバムを借りちゃいますよね。

で、聞いて衝撃。(何回衝撃を受けるんでしょうね、私は。語彙力不足)

全曲おしゃれでかっこいいじゃないか……! と。

 

アルバムとバージョンが違う「Yellow Magus」

www.youtube.com

個人的にはアルバムに収録されているバージョンよりもこっちのほうが好きだったりします。

でも、アルバムを通して聴くとバージョン変更して正解だと思います。

なんていうんでしょうね、アルバム版はいろいろと洗練されているんですよ。

つまりおしゃれ度が上がっているわけです。

 

私に最初の衝撃を与えた「Summer Soul」

www.youtube.com

何なんでしょうね、このザ・都会感は。

田舎者の私はこの曲の雰囲気こそが東京だと思っています。

この曲を聞きながら歩いているとここは東京だ! と錯覚させてくれるので上京したいけどできない方はこの曲を聞いて自分の街を闊歩するといいでしょう。

 

「Orphans」

www.youtube.com

これまたいい。

どの曲にも言えることですが、この雰囲気を作り出している最大の要因はボーカルの声だと思うんです。

ボーカルが……みたいなコメントをYouTubeで見かけたりしますが、この声じゃなかったらこんなおしゃれでかっこいい曲にはなりませんよ。

 

で、アルバム全体の話をしますと前述の3曲が強い感じもありますが(とはいえうまく溶け込んでいます)どの曲もいいです。

特に前半にいい曲が固まっている感じがします。

「elephant ghost」がアルバム曲の中では好みですね。

こう書くと後半はあまりよくないのか、と思われるかもしれませんがそんなことはなく後半も聞いていて心地よい曲ばかりです。

中でも最後の「FALLIN'」はアルバムのラストを飾るにふさわしい曲です。

こんな曲で締められたら名盤と言わざるを得ない。

 

ceroの曲を聞きながら散歩をしていると、田舎道でさえも都会に変貌します。

周囲が田んぼに囲まれた場所であろうと、東京の都会感あふれる街に思えてくる不思議。

私の中の東京のイメージをceroは表現してくれるのです。

都会で鳴らされる都会の音楽、みたいな。

聞いているだけで自分が都会人の仲間入りをしたかのようなそんな音楽をceroは聞かせてくれます。

 

総評としては名盤です。

 

Obscure Ride 【通常盤】

Obscure Ride 【通常盤】