読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某所鉱山報告所

読書だったり音楽だったり他にもいろいろ扱ったり。

ZAZEN BOYS『すとーりーず』を聞きました

とーしろ音楽レビュー。

今回はZAZEN BOYSの5枚目のアルバムです。

f:id:kelteco:20170509131152j:plain

1曲目「サイボーグのオバケ」からもはやお決まりのフレーズが繰り出され、よくわからないzazenの世界へと連れて行ってくれます。

2曲目のポテトサラダ。

www.youtube.com

「聞いた後ポテトサラダが食いたくなる曲ランキング」堂々の第1位に選ばれるであろう曲です。

普通のバンドがこんな曲をやったらコミックソングにしかならないはずなのに、zazenがやると一流の曲になるんだから不思議。

3曲目の「はあとぶれいく」

www.youtube.com

私はアルバムの中でこの曲が一番好きです。

原曲とは違ったバージョンですが、こちらもいいですね。

 

なんというか、面白いアルバムだなーと思います。

日本という土地だからこそ出来上がったんじゃないでしょうか。

和のロックですね。

「暗黒屋」「天狗」あたりを聞いていると特にそう思います。

歌詞がそう思わせるのか、メロディがそう思わせるのか、あるいは両方か。

 

このアルバムは個人的に捨て曲がないです。

どの曲も聞いていると、ああ、いいな、これもいいな、って感じになってしまって結果全曲いいんじゃない? って結論になってしまうのです。

その中でもおすすめを挙げるとするならば、「はあとぶれいく」「すとーりーず」とボーナストラックの「無口なガール」でしょうか。

「無口なガール」はダウンロード販売限定なので

http://www.mukaishutoku.com/download_stories.html

から購入すると聞けます。

アマゾンとかで買うよりこっちのほうが音質がいいと思われる(wavなら)ので購入する際はぜひ上のページからどうぞ。

 

総評としては名盤です。

というか個人的にはzazen boysの最高傑作だと思っています。

 

曲リスト

1. サイボーグのオバケ
2. ポテトサラダ
3. はあとぶれいく
4. 破裂音の朝
5. 電球
6. 気がつけばミッドナイト
7. 暗黒屋
8. サンドペーパーざらざら
9. 泥沼
10. すとーりーず
11. 天狗
ボーナストラック「無口なガール」