読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某所鉱山報告所

読書だったり音楽だったり他にもいろいろ扱ったり。

SAKANAMON『あくたもくた』を聞きました

とーしろ音楽レビュー。

今回はSAKANAMONの3枚目のアルバムです。

f:id:kelteco:20170509131612j:plain

 リードトラックの「ぱらぱらり」

 

数多ある卒業ソングの中でも私の心に刺さる曲です。

「進め進めはずれはなしだ」と励ましておきながら「テントの中待ちぼうけ出番がない運動会」とか歌われていたり、極めつけはラストの「帰りたい」ですよ。

卒業悲しい;;でもなく帰りたい。

この気持ち、しかしよくわかる。

 

前半は名曲しかないんですが(当然のように後半も名曲多し)、中でも「アナログラブ」でしょう。

時計の長針と短針のラブストーリーを歌った曲です。

女性ボーカルと男性ボーカルが交互に歌われたかと思えば、進んでいくごとに絡まりあっていき、ピークに達したところでぴったり重なり合い、終わる。

この曲は完璧だと思います。ぜひ聞いてほしい。

 

「プロムナード」で折り返し、「アリカナシカ」で始まる後半戦。

最後は「TSUMANNE」で「いつか一泡吹かせられますように」と歌い上げる。

素晴らしいですね。

 

「TSUMANNE」

www.youtube.com

 

マイノリティー感を歌っていながら、疾走感と爽快感を併せ持ったアルバム。

社会になじめていないと思っている人ならきっと気に入るはず。

どうしてここまで私に刺さるのか。

そんな個人的な相性の良さも相まって、おすすめのアルバムです。

これを聞けば、今宵も酒が進むこと間違いなし。

 

総評としては名盤です。

 

曲リスト

1. ジリキの迷宮
2. ぱらぱらり
3.東京フリーマーケット
4. TACHNOMUSIC
5. アナログラブ
6. ケセラセラ
7. プロムナード
8. アリカナシカ(Album MIX)
9. スポットライトの男
10. 肉体改造ビフォーアフター
11. 烏兎怱怱
12. TSUMANNE

あくたもくた(DVD付初回限定盤)